電動鼻水吸引器のポテンシャル

鼻水吸引器は電動のものがとっても便利

赤ちゃんの鼻水は昔は親が口でかんで吸ってあげてたと言いますが、今はもう昔の話。都市伝説みたいなものだと思っていました。
そんな私が子供ができて、困ったのが鼻水をどうするかという問題です。表に出てきた分にはティッシュで取ることができるのですが、中で詰まってしまっているものはどうしようもありません。そういうのに限って子供も苦しそうなんですよね。

そんなとき、親が電動の鼻水吸引器を買って送ってくれました。あとでお店で調べたら、なんとそのお店の価格で3980円。昔は無かったものにこれだけお金かけてどうするんだと思ったのですが、使ってみるとその効果に驚きました。
ボタンひとつで簡単に鼻水吸えるんですよね。しかも、乾電池なのに強力。鼻水を吸う必要がある時にすぐに使うことができるし、洗うのも簡単ですから、非常に便利です。最初は嫌がっていた子供も、最近はそのマシンを見るだけで「さあ来い」という顔をするようになりました。最初は怖いのですが、痛くはないのだろうと思います。抵抗が減り、押さえつける時間やストレスが互いになくなったので親子関係も円満です。

電動の鼻水吸引器は非常に便利ですので、是非使ってみてほしいと思います。私はお値段以上の値打ちがあったと思っています。

保育園に通う子に鼻水吸引器は必須!

保育園に通い始めると、今まではほとんど風を引かなかったような子が鼻水ダラダラになってしまいます。
ただの鼻水だからそのうち治ると病院に連れて行かずに放っておくと悪化して中耳炎や酷い風邪になってしまって大変!
でも保育園に通いながらの耳鼻科や小児科通いは辛いですよね?
そんな保育園通いの子に必須なのが『電動鼻水吸引器』です。お値段は少々しますが、無かった場合の病院通いの手間を考えると費用対効果は抜群です。

中には小児科や耳鼻科が貸し出し用に購入しているような高機能な物もありますし、買いやすいお手頃価格な物もあります。
ただ鼻水が治りやすくなるだけではなく、小まめに鼻を吸ってあげると風邪の治りも早いので、保育園を休む回数が減って大助かりですよ。
もし「電動は値段が高いからちょっと…」と思われる方は、まずは手動の吸ってあげるタイプの物を購入される事をオススメします。
手動で効果が満足出来れば手動でも十分ですし、より気軽に、取り残しもないようにしたい方は電動に買い替えるのも手です。

鼻水が続くと中耳炎や風邪の悪化の原因になるだけでなく、夜寝苦しかったりもするので少しでも垂らし始めたら鼻水吸引器で早めにケアしてあげましょう。

新着記事リスト

2017年08月22日
鼻水吸引器の使い方あれこれを更新。
2017年08月22日
鼻をかみ始めるその前にを更新。
2017年08月22日
電動鼻水吸引器のポテンシャルを更新。
2017年08月22日
鼻水吸引器の適切な利用法を更新。

カテゴリ

カレンダー

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031