鼻をかみ始めるその前に

コンパクトで使いやすい鼻水吸引器

まだ子供が自分で鼻をかむことができない時期に必要なのが鼻水吸引器です。鼻水もそうですが、鼻くそがつまっていて苦しそうなとき必要になりますよね。一回試しにかったのが口ですうタイプの鼻水吸引器です。試しにかってみたものなのですが鼻に入れるほうがプラスチックだったため鼻の中を傷つけないかなと心配になりました。続いて購入したのが同じく口ですうタイプの鼻水吸引です。鼻にいれる方もシリコンでできており安心して使用できるかと思い購入しました。鼻にいれても密着度がたかく鼻水をきれいに吸引することができました。手動ですが自分ですうタイプの方が力加減など調整できるのでとても便利です。
また鼻の奥につまってでたり入ったりするようなおっきな鼻くそ、これも綿棒でとるとどおしても突っ込みすぎたり力を入れすぎたりしてしまいます。鼻水吸引器でしたら奥まで入らないような設計になってますので、傷つけずにすんなりと取りきることができます。使った後もお手入れ簡単です。コンパクトですし収納にもこまりません。やはり手動のタイプの方がこれくらいの力でとれるとか、鼻水の場合もう少し力を入れて吸った方がいいかな、とか自分で調整しながら使えるのがとても便利でした。

赤ちゃんが嫌がらない鼻水吸引器の使用法

赤ちゃんの鼻風邪を早く治すため、また中耳炎の予防の為にも是非とも使いたい鼻水吸引器。しかし初めての経験に驚いて泣き出したり、痛みはないものの鼻水を吸い上げられる感覚を嫌がる赤ちゃんも多いものです。少しでも赤ちゃんの負担を減らして使用できる方法をご紹介します。まずは、使用する前に赤ちゃんの鼻水を出しやすくしてあげましょう。具体的にはお風呂に入ると蒸気で鼻水が柔らかくなります。
また、蒸しタオルで鼻を温めてあげてもよいですね。鼻水が柔らかく出やすくなると、吸引に掛かる時間も短縮され赤ちゃんへの負担が少なくなります。赤ちゃんは1度恐怖心を持ってしまうと、鼻水吸引器を見ただけでも泣き出してしまう可能性がありますので、初めに使用する時が肝心です。お母さんが緊張していると赤ちゃんにも伝わってしまいますので必ず笑顔で。お母さんの膝の間に赤ちゃんの頭が来るように仰向けで寝かせます。
お腹をさすったりと赤ちゃんがリラックスできるように触れ合ってあげられるとよいですね。吸引器をそっと鼻に入れ、角度によって鼻水が吸引できる場所とできない場所がありますので、探しながら吸引してあげます。強い力で吸ってしまうと驚いてしまいますので、初めはあくまでも優しくです。赤ちゃんが慣れてきたら、鼻水が溜まっている部分では多少力を入れて吸引しても大丈夫ですよ。赤ちゃんの様子を見ながら無理せずケアをしてあげてくださいね。

新着記事リスト

2017年08月22日
鼻水吸引器の使い方あれこれを更新。
2017年08月22日
鼻をかみ始めるその前にを更新。
2017年08月22日
電動鼻水吸引器のポテンシャルを更新。
2017年08月22日
鼻水吸引器の適切な利用法を更新。

カテゴリ

カレンダー

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031