鼻水吸引器の適切な利用法

実は大人でも使える鼻水吸引器

鼻水吸引器は基本的には赤ちゃんや小さな子供に使います。だからといって、子ども用というわけではありません。最近は大人でも子供でもどちらでも使えるものが一般的です。おそらくですが、子供用と売り出されているものも大人でも利用できるものだと思います。しかし、それでも子供用は子供向けに作られたもの、大人の方はご利用の際は注意してください。

鼻水吸引器ですが、子どもは嫌がる子が多いです。かくいう私もそうであった記憶があります。これは単純にまずは痛いからだと思います。鼻の中は敏感で少しの痛みでも過剰に反応してしまうのです。大人ですら痛いものを子供が痛がらないはずがありません。そして、これも痛いと類似しますが、体の中に異物が入り込んでくるのが言い知れぬ不安を抱かせるのでしょう。そのように子ども心に不安を募らせてしまう機械なので、強引な利用は控えましょう。

けっきょく、なぜ大人専用の鼻水吸引器があまり売り出されないのかというと、自分で鼻水をかむのがいちばん手っ取り早く、かついちばん安全だからです。子供も早々に鼻をかむことを覚えさせれば吸引器もお役御免となります。それでも鼻のかみ過ぎ解消には吸引器は効果ありだとは思うので、鼻かみと吸引器は適材適所で使い分けましょう。

子供に鼻水吸引器は使わない方がいい?

小さい子供をお持ちの方々、忙しい日々を送りつつも、わが子の成長を楽しんでいらっしゃるかと思います。時には、子供が風邪を引いたりするなどして体調を崩すこともあるでしょう。そんな場合、鼻水で苦しそうにしている子供を見て、鼻水吸引機を使って取り除こうとしても嫌がることってありますよね。やっぱり、無理を強いるのは良くないと思ってやらない人もいると思います。鼻水吸引器は使わない方がいいのでしょうか?そんな疑問にお答えしていきます。

小さい子供が鼻水で辛そうにしていると心配になると思います。特に、乳児は鼻水で鼻が詰まっているとミルクが飲めませんし、なかなか寝付けないでしょう。しかし、それをそのままの状態で放って置くと、中耳炎や副鼻腔炎になりかねないので必ず取ってあげて下さい。

とは言っても、子供が暴れたり泣いたりして、鼻水を吸引できないこともあると思います。しかし、その場合はやり方が悪いこともあります。例えば、一気に鼻水を吸い上げてしまってはいませんか?もし、やっているならやり方を変えましょう。そのやり方では、耳によくないのです。鼻水を吸引するときは、鼻を塞がないように隙間を空けて、少しずつ少しずつ吸ってあげましょう。ただ、長く時間を掛けると子供も落ち着かないので、短時間のうちに終わらせましょう。

新着記事リスト

2017年08月22日
鼻水吸引器の使い方あれこれを更新。
2017年08月22日
鼻をかみ始めるその前にを更新。
2017年08月22日
電動鼻水吸引器のポテンシャルを更新。
2017年08月22日
鼻水吸引器の適切な利用法を更新。

カテゴリ

カレンダー

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031