乳幼児の鼻づまりはお任せあれ

赤ちゃんの鼻水吸引器

雑誌の特集や産院でもらう出産前に準備するものリストの中に鼻水吸引器が書かれていることが多くあります。しかし、鼻水吸引器と言ってもスポイト型・親が口で吸うタイプのもの、電動式のものがあります。種類も多く価格帯も様々なので、初産婦さんは何を選べば良いか分かりませんよね。
それぞれの種類のメリットとデメリットは次の通りです。まずはじめにスポイト型は、衛生的で簡単に赤ちゃんの鼻水が取れます。値段も安く手に入れやすいと思います。しかし、スポイト型だと吸引力が弱くて固まってしまった鼻水はなかなか取れません。

次に親が口で吸うタイプのものですが、吸引力を親が調整出来るので鼻水を吸いやすいです。吸引力が強くて高価なものではないので、赤ちゃんの鼻づまりもスッキリさせることが出来ます。ただ親が口で吸って取ってあげるタイプだと鼻水が直接親の口に入る訳ではないですが、空気感染で菌を親が吸ってしまいます。体調が悪いと親が風邪をひいてしまう原因になることもあります。

最後に電動式ですが、電動式なので衛生的で吸引力も強くしっかりと鼻水を吸い取れます。赤ちゃんの症状の回復も早いです。しかし、電動式なので高価になります。
赤ちゃんの症状によって、どのタイプのものにするか選ぶと良いと思います。

鼻水吸引器は鼻づまり解消の近道です

乳幼児は風邪をひかなくてもちょっとした気温変化などで鼻水を出してしまうことがあります。ある程度の年齢になれば自分で鼻かむことができますが、乳幼児はティッシュをあてても表面を拭くだけで中の鼻水を自分で出すことはできません。そのため鼻づまりが起こり、鼻呼吸しにくくなってしまいます。

そんな時に役に立つのが、鼻水吸引器。一言で吸引器といってもスポイトのように空気の流れで吸い込んだり、ストローのように直接口で息を吸い込む力で鼻水を吸引する手動のものや、耳鼻咽喉科にある小型版のような電動のタイプもあります。それぞれに特徴があり、手動ですと電気代もからないし、お手入れも簡単。場所を選ばず手軽に使えるメリットがある一方で、勢い余って鼻水の誤飲や、あまりうまく吸引できないというデメリットもあります。電動タイプですと持ち運びふぇきるタイプと据え置きタイプがあり、こちらもそれぞれ特徴があります。携帯用は5000円ほどで小型なのでお出かけ時も便利な反面、据え置きに比べると吸引力は落ちます。据え置きタイプですと20000円前後になります。吸引力が高く、鼻はすっきりとしますが音が大きく赤ちゃんが嫌がる場合もあります。また持ち運びができないので、自宅でしか使用できません。

手動でも電動でも最大のメリットは、病院に行かずして鼻水を吸引できる点にあります。乳幼児の鼻づまりを解消する最も近道の装置といえるでしょう。

医療機器ならではの厳しい検査基準を採用しており、人の目でもチェックしているため安心してご利用いただけます。 ママさんからの人気がNo.1の吸引力が高く、手入れしやすい鼻水吸引器です。是非お買い求めください。 2010年発売開始のメルシーポットは電動鼻水吸引器業界のパイオニアです。どこよりも自信があります。 Amazonでも販売!送料は無料でとなっております。是非ご利用くださいませ。 大切なお子様の為に鼻水吸引器ドットコムで情報収集を!

新着記事リスト

2017年08月22日
鼻水吸引器の使い方あれこれを更新。
2017年08月22日
鼻をかみ始めるその前にを更新。
2017年08月22日
電動鼻水吸引器のポテンシャルを更新。
2017年08月22日
鼻水吸引器の適切な利用法を更新。

カテゴリ

カレンダー

2018年2月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728